インドネシアで日本を含む5カ国からの観光入国ビザを無料化へ

インドネシアではこれまで通常観光で訪問する日本人はアライバルビザと呼ばれる
到着ビザが必要でしたが、インドロヨノ・スシロ海事調整相は2014年11月、日本を
含む5カ国(日本、中国、韓国、ロシア、オーストラリア)の観光客向けの観光ビザ
を2015年1月から無料化し、観光旅行客の増加を狙うと発表しました。
2013年度観光旅行者数 世界のトップ3は
1位 フランス 8500万人   2位 アメリカ合衆国 6976万人
3位 スペイン 6066万人 となっています。

インドネシアではこれまで通常観光で訪問する日本人はアライバルビザと呼ばれる
到着ビザが必要でしたが、インドロヨノ・スシロ海事調整相は2014年11月、日本を
含む5カ国(日本、中国、韓国、ロシア、オーストラリア)の観光客向けの観光ビザ
を2015年1月から無料化し、観光旅行客の増加を狙うと発表しました。
2013年度観光旅行者数 世界のトップ3は
1位 フランス 8500万人   2位 アメリカ合衆国 6976万人
3位 スペイン 6066万人 となっています。※世界観光機関2013年データ。

東南アジアではタイが急速に伸びていて、
1 タイ 2654万人 2 マレーシア 2571万人 3 シンガポール 1109万人
となっています(2012年)。
ジョコウィ政権は2019年までに外国人観光客を年間2000万人にまで増やす
計画です。
インドネシアはこれまでアセアン各国と香港などの15カ国の観光客はビザ無し
入国を認めていました。

2013年度のインドネシア外国人観光旅行者数は880万人。
今後アセアンの中間層の増加も見込まれ、インドネシアの観光者数も増加
していくとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。