マレーシア、シンガポール、インドネシアの第3四半期成長率

マレーシアの中央銀行バンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は11月、2014年第3四半期
(7~9月期)の国内総生産成長率が+5.6%になったと発表しています。
2014年第1四半期の+6.2%、第2四半期の+6.5%を下回っています。
インドネシアのGDP経済成長率は前年同期比+5.01%増で予想よりも低い数字と
なりました。

マレーシアの中央銀行バンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は11月、2014年第3四半期
(7~9月期)の国内総生産成長率が+5.6%になったと発表しています。
2014年第1四半期の+6.2%、第2四半期の+6.5%を下回っています。

インドネシアのGDP経済成長率は前年同期比+5.01%増で予想よりも低い数字と
なりました。
2014年10月就任したジョコ・ウィドド大統領は2016年以降に同国内の経済成長率
を+7.0%台に押し上げると表明しています。

シンガポールのGDP経済成長率では2014年度7-9月期改定値は前年同期比で
+2.8%増と発表されています。
通年の見通しでは2014年の経済成長率を+3.0%前後としています。