タイのエンジニアリング大手BJCヘビーインダストリーが海外での売上を増やす計画

BJCヘビーインダストリー(BJCHI)では
2015年まで80億バーツ規模まで売上を伸ばす計画です。
海外での売上比率を伸ばすとしています。

BJCヘビーインダストリー社の代表取締役Young Jun Lee氏は
2014年度の売上予測は少なくとも前年比+15%になるだろうとしています。
2014年~15年までの大型契約で40億バーツを確保していて、
オーストラリア、ブラジルなどでの収益が15年度から発生します。

BJCヘビーインダストリー社の1~9月期の業績は売上31.1億バーツで
Bt6億5500万バーツでした。
2013年、同社はタイ証券取引所へ上場していて
エンジニアリング大手で鉄鋼加工、金属加工、大型設備建設などを行っています。

BJCヘビーインダストリーはラヨーン県に本拠地を構え、製造業、建設などを
メインとし発電所、石油化学などの建設をおこなっています。