タイの不動産3社は第1四半期、好調な業績

タイの3つの不動産開発企業では好調な予約売り上げを出したと
報告しています。
高級不動産を扱うサンシリ:Sansiri(SIRI)では、15年度の
第1四半期で40億バーツのプレセールを記録。
前年比倍の数字になっています。

サンシリ社では、70億バーツ規模で2つのコンドミニアムプロジェクトを
販売開始の予定です。
高架鉄道大手のBTSホールディングス(BTS)との共同事業で第1プロジェクト
14億バーツ、第2プロジェクトは56億バーツと大きな規模になります。

大手不動産開発のプロパティ・パーフェクト社(PF)では、同じく
29億バーツのプレセール、前年同期比23%増でした。
両社では上方修正を出す予定です。
プロパティパーフェクト社は9つのプロジェクト総計109億バーツを
販売する計画です。

スパライ社(SPALI)では、プレセールにおいて32億バーツの記録を
出しています。
金額では前年同期比とほぼ同じでした。
3社ともに住宅購入ニーズが変わらず堅調であるとしていて、
15年度は売上が伸びる予測を出しています。