インドネシア タイ ライオン・エアー

インドネシアの最大の民間航空会社ライオン・エアー社では東南アジア進出の
足がかりとしてタイへ2013年末に進出すると発表しています。
同社グループCEO Rusdi Kirana氏はタイランドの地場系航空会社のとの共同
での進出を計画しているとしています。
同社では70~80の機体を準備して同ルートで利用する予定で機体にはボーイング
B737-900、B737-800 次世代機(NGs)も投入します。

今後、タイ、中国、日本へのルート参入を計画していてまずはバンコクージャカルタ、
バンコクークアラルンプール、バンコクーチェンマイを目指します。

同社はインドネシアのジャカルタを本拠地とする格安航空会社で、
Batik Air、Lion Bizjet、Malindo Air、Wings Airなどを子会社に
保有しています。
インドネシアの経済成長と共に成長しています。
92機体を保有し、就航都市は79都市になっています。
1999年に設立されPT Lion Mentari Airlines社が運営しています。