シンガポールの創設者でもあるリークアンユー元首相の告別式

シンガポールの創設者でもあるリークアンユーLee Kuan Yew元首相の
送別式が29日開かれ50年以上前からシンガポールを導いてきた
指導者へのお別れを多数の国民から献花がおこなわれました。

同氏はシンガポールの政治家、初代首相で上級相、内閣顧問を
歴任しました。
人口の少ない国の中で長期にわたり、いわゆる開発独裁を体現して
独裁政権下ながらシンガポールの経済的繁栄と国民の所得水準を
引き上げることに成功しました。

1965年8月シンガポールが永久に主権民主主義ならびに独立国家
であることを宣言し、マレーシアから分離独立。
シンガポールはその後1965年9月に国際連合に加盟、
1967年8月には他の東南アジア4カ国と共に東南アジア諸国連合
ASEANを設立。
その後1990年に首相の座をゴーチョクトン氏へ委譲。
そして、2015年現在リーシェンロン氏が引き継いでいます。