シンガポール 失業率

シンガポールの失業率改善のため、産業創出が課題とされていますが
シンガポールのMinister of State for Manpower(MOM)人材省の大臣の
Tan Chuan Jin氏が2012年度第1四半期27400名の雇用創出をしたと発表
しています。

その中の大半はサービス産業であったとしています。
2012年度3月の失業率は2.1%(季節調整済み)で2011年度12月の2.0%から
上昇しています。
シンガポール国民の失業率 3.0%から3.2%に上昇。
居住民の失業率        2.9%から3.0%に上昇しています。

しばらくは他国に比べて失業率は低い状態が続くとしています。