インドネシアのECコマース大手トコペディアが会見

インドネシアのECコマース大手トコペディアPT Tokopedia社は
今後5カ年でマーケットプレイスセクターの強化を進めるとしています。
いずれアメリカのシリコンバレーのような
インターネットを通じたビジネスの発展と支援も進めるとしていて
創業者でCEOのWilliam Tanuwijaya氏が会見をしています。

2014年10月に同社は日本のソフトバンク、セコイア・キャピタルなどから
1億ドルの出資を受けています。
ソフトバンク社は過去に中国のEC大手アリババにも早い段階から出資をしていて
セコイア社もアップル、シスコ、オラクル、など
各大手インターネット企業への出資してきました。

トコペディア社でもアメリカのようにスタートアップの企業を支援しながら
同国のIT関連、インターネット関連事業の拡大を助ける役割を進めます。

トコペディア社は2010年にインドネシア出身でmixi共同創業者の衛藤バタラ氏、
元ネットエイジの松山太河氏が代表を務めるEast Venturesから創業出資を受けて、
2011年にはCyberAgent Venturesが追加出資、
さらに2012年にはネットプライス(現Beenos)、
2013年にSoftbank Ventures Koreaから出資を受けて成長しました。
2012年の数字では1340万点の商品が取引された大手ECコマースになります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。