ミャンマー政府では、海外観光旅行者の目標数を下方修正

ミャンマーのホテル・観光省では、主に2015年後半に発生した大規模な
洪水より、これまで450万人としていた2015年の観光旅行者数の目標を
カットしています。
2015年度1月~9月期の数字では337万人となっています。

本来の誘致箇所である空港よりもタイなど周辺国境からの移動が多いと
しています。
15年度は豪雨と洪水が影響していておよそ100万人は空港・飛行機による
利用で200万人が国境から入国してミャンマーを訪問しています。

2014年度はおよそ300万人がミャンマーへ訪問しています。
15年度の当初目標は500万人でした。
ミャンマー政府ではホテル・観光セクターでの人材教育プランを
検討しています。

ミャンマー観光連盟Myanmar Tourism Federation(MTF)は
同マスタープランではスキルの高い人材教育を育て、
2020年までに200万人の旅行業界の高スキルの人材育成を目指します。