タイのサイアム商業銀行傘下で資産アセットマネジメントは資産管理規模を増加させる

サイアム商業銀行傘下で資産アセットマネジメントを展開する
SCBアセットマネジメントSCB Asset Management Co
(SCBAM未上場)が2016年度はさらに1000億バーツ規模の
資産管理の増加を目指し、資産管理事業市場のトップを守る
方針を打ち出しています。

2016年度はインフラストラクチャーファンドなどが同社の
資産管理規模を増加させる見通しです。
タイ政府はタイランド・フューチャーファンド
Thailand Future Fund(略称未定)を設定し、
インフラプロジェクトにおける証券化を進め、株式市場での資金調達、
海外投資家の関心を高めるとしています。

既にタイ政府貯蓄基金The Government Pension Fundや
タイ国営企業向け投資基金バユパックファンドVayupak Fundなども
投資を予定しています。

同社の2016年度の総管理資産額は1兆1600億バーツ、
前年比+15.2%を目指します。
同市場の2位はカシコーン銀行KBANK傘下のカシコーンアセット
マネジメントで2015年度は1兆1400億バーツとなっています。