タイの大手独立発電系上場企業に関して

By: rjpCC BY 2.0

タイのエネルギー・リソースセクターでの発電系企業で、
タイ最大の配電・送電企業はタイ発電公社(EGAT)ですが、
同社は上場していません。
(※2006年、EGATを上場させる計画があったものの、中止。)
2015年にバンコク北部ノンタブリー県にある複合火力発電所の
資産に投資するインフラファンドを設立し、North Bangkok
Power Plant Block1 Infrastructure Fund(EGATIF)の
コードで上場しました。

同社はタイ国内に電力を供給している国営企業で、
英語名称はElectricity Generating Authority of
Thailandです。
EGATの略称で英字紙などでは表記されています。

実際に独立発電系として上場している企業は
ラチャブリ・エレクトリシティ・ジェネレーティング・
ホールディングス(RATCH)社、エレクトリシティ・ジェネレーティング
(EGCO)社、グローエナジー(GLOW)社などが大手となっています。

2015年にはPTTグループ傘下の発電企業であるGPSC社が
上場しました。

同社は、天然ガス・石油関連を主なビジネスとするタイ国最大の
上場企業PTT社グループが100%保有する発電事業子会社で、
PTTグループの発電事業を集約・強化する目的で2013年に設立されました。

PTTグループ内火力発電所、コジェネレーション:熱電併給プラント、
太陽光発電所などに出資・運営しています。
発電容量は計1315MWとなっています。
Independent Power(Thailand)社とPTT Utility社との統合で
誕生した企業です。