1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ証券取引所の水力系・太陽光発電の上場企業

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ証券取引所の水力系・太陽光発電の上場企業

タイ証券取引所のエネルギー・資源セクターでは、上水事業の
タイタップ・ウォーター(TTW)、工業用水事業でイースタン・
ウォーターリソーシス(EASTW)が上場しています。

タイの発電の種類には以前まで天然ガス系の火力発電、石炭系火力発電、
水力ダム発電しかありませんでしたが、近年は太陽光発電、
風力発電などの石炭や石油に依存しない発電モデルの多様化が
進んでいます。

大手ではバンプー(BANPU)、チョー・ガンチャーン(CK)などの子会社が
それぞれ発電事業会社を展開し、その子会社を上場させたり
インフラファンドを組成するなどの動きも盛んになっています。

太陽光発電は特に近年増加傾向にあり、太陽光発電事業会社SPCG社は
タイ国内の太陽光発電のみならず、日本、ミャンマー、フィリピン
などでも展開しています。
バンチャーク石油(BCP)社、バンプー(BANPU)社などでも海外発電事業
に積極投資しています。

中堅・小型の他業種からの参入企業としては
Superblockスーパーブロック(SUPER):太陽光発電・廃棄物処理
Inter Far East Energyインターファーイーストエナジー(IFEC):
太陽光・風力発電 の2社。

またインフラファンドとしては
North Bangkok Power Plant InfraFund
ノースバンコクパワーインフラファンド(EGATIF):
発電インフラファンド
AmataB.Grimm Power InfraFundアマタグリムパワーインフラファンド
(ABPIF):発電インフラファンドの2つが上場しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事