タイにおける自動車試験センターに関して

2016年4月、日産自動車はASEANの地域統括会社で
タイに研究開発テストセンターを開設したと発表しました。
およそ10億バーツを投資し、6,600平米の敷地でテストコース
以外に環境試験の装置も導入、様々な車両のテストを実施します。

2016年6月、タイ国立自動車・タイヤ試験センターもタイ政府に
より承認され、2020年度完成を予定しています。
1200平米の敷地面積でチャチュンサオ県に建設されます。
タイ自動車支援機構Thailand Automotive Institute:TAIが
技術支援を行います。
まずはトラック試走を実施し、タイヤなどの試験が出来るように
計画されています。

この他にもタイでは2015年にホンダ・モーターが自動車の品質や
性能を確認する走行試験用のテストコースを建設する方針を
発表しています。
三菱自動車、トヨタ自動車もテストコースをタイに設置していて、
研究・開発を強化しています。

2015年度のタイの自動車生産台数は1.8%増の191万3002台となり、
内訳は乗用車が3.5%増、76万8706台、1トンピックアップトラックが
0.1%増、111万5818台となっていました。

タイ国内の新車販売台数は2015年通年が9.3%減、
79万9592台となっています。
12月は車両税制の影響で価格が上がることから駆け込み需要が
ありました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。