タイの上場企業、プリント回路基板生産を行うKCEエレクトロニクスが機械のリニューアル

タイ証券取引所上場でプリント回路基板生産を行う
KCEエレクトロニクスKCE Electronics(KCE)が
2.5億バーツを投じて機械のリニューアル・生産効率向上を
目指します。
タイ国内ではプリント回路基板(PCB)の自動車メーカーニーズが
増加していて、その需要に対応するためとしています。

同社はタイ証券取引所(SET)上場で電子部品製造大手企業です。
PCB(Printed circuit board)がメインで、プリプレグ、
ラミネートなどをKCEブランドで製造・販売しています。
子会社にはKCE Technology社、K.C.E.International社、
Chemtronic Technology(Thailand)社、
Thai Laminate Manufacturer社、KCE(Thailand)社などが
あります。

1983年設立で、旧社名はKuang Charoen Electronics社でした。
1988年にタイ証券取引所(SET)に上場し、自動車部品、工業機械、
コンピューター、通信機器などに幅広く納入されています。

2015年度業績は売上124億4900万バーツ、
純利益では22億4000万バーツでした。
近年株価が上昇しています。