タイのEコマース市場は未だ損失に苦しむ大手企業が大半

タイのEコマース市場は未だ損失に苦しむ大手企業がほとんどですが、
Lazada Thailand社はいずれコストをカバーできるように成長する
と予測しています。
今後、ウェブ制作コスト、モバイルプラットフォームコスト運送コスト、
在庫センターなどを売上がカバーするようになるとしています。

かつてAmazon.com社が長い期間損失を出していたように、
タイのEコマース企業も同じ道をたどっていくと分析しています。
東南アジアの総人口は6億人以上、これからインターネット市場が膨らむ
ことから、年率+25%のスピードで拡大していくとATカーニー社では
予想しています。

タイのEコマース市場は2013年で9億USドル(900億円規模)でしたが、
2017年には120億USドル(1兆2000億円規模)まで伸びています。

各Eコマース大手の2016年1月の平均訪問者数は以下のように
なっています。
Lazada Thailand Group 2010万人
We Loveshopping    620万人
Talad com 390万人
Zalora Online     230万人

2016年タイ国内のスマートフォン浸透率は49%まで伸び、
こちらもモバイル対応のウェブサイトが広がっています。
Lazadaではキャッシュオンデリバリー(現金引換え)のオプションも
用意していて、クレジットカード決済以外の方法も選択可能です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。