タイ国内でスマートフォンアプリ宅配サービス事業者増加

タイ国内では次々とスマートフォンアプリ宅配サービス事業者が
出現しています。
2017年2月、タイの商務省ビジネス振興局ではタイ国内にある
およそ12,000店舗のタイ外食レストランへ向けてUber(Thailand)
Co社が提供する”UberEATS”の登録支援を進めると発表しています。

タイ商務省ビジネス振興局とUber(Thailand)Co社は覚書を交わし、
同省に登録している11,900箇所のレストランと新たな顧客開拓に
向けてデリバリーサービスのサポートを行うことを発表しました。
UberEATSはタクシー乗車アプリのUBERが開発したサービスで、
タイ国内でもバンコク首都圏を中心におよそ200か所のレストランの
デリバリーサービスを開始しています。

渋滞の激しいバンコク首都圏ではこれらの他にもLINEタイランド社が
LINEMANサービスを提供し、セブンイレブンなどからの配達も
可能にしています。
LINEMANは250万人のユーザーと5,000のローカルビジネスパートナーを
持つWongnaiと提携していて、タイ国内レストランのレビューも
確認できます。

外食チェーン系ではFoodPandaも広く普及していて、スマートフォンさえ
あれば自宅へのデリバリーサービスが可能になっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。