タイの石膏ボード・天井タイル大手、サイアム・ジプサム社はB2C向け強化

タイで石膏ボード・天井タイル等を扱う大手メーカー、
サイアム・ジプサム・インダストリーSiam Gypsum Industry
(Sara Buri)社は新しいゼネラルマネージャーを任命しています。
同社は今後、建材ボード市場を拡大していく方針です。

サイアム・ジプサム・インダストリー社は1982年設立、
2014年にはオーストラリアの石膏ボード製品リーダーである
USGコーポレーションの合弁会社となりました。
オーストラリア、オセアニア、中東のマーケットリーダーで、
USG Boralと呼ばれています。
タイではサイアムセメントグループとの合弁会社を設立しています。

製品はGypsum TrachangブランドとしてB2B市場で投入されていましたが、
B2Cとして一般消費者向けにGypsum Trachangブランドを浸透させたい
としています。
石膏ボードは石膏を芯材に両面を石膏ボード用原紙で被覆成型した
建築用内装材料です。
防火性、遮音性、寸法安定性、を持ち、工事が容易で経済性にも
優れているため、一般的な天井材として利用されています。

合弁先のサイアムセメント(SCC)はタイのセメント・複合企業
大手です。
2016年度業績は売上4505億7300万バーツ、
純利益560億8400万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。