トヨタ自動車のトヨタ通商は高齢者向けサービスを検討

トヨタ通商タイランドToyota Tsusho Thailandは
トヨタ自動車の貿易・トレーディング部門ですが、
タイの高齢化に対応する複合型複合施設の開発を
計画しています。

タイの高齢化は日本の人口動態と類似しており、
革新的な製品やサービスを導入する機会を探していくと
コメントしています。
バンコク都内で候補地を探し、高齢者向けサービスを
進めていく計画です。

不動産部門に携わる現地パートナーと高齢者向けの
技術サポートや施設を提供できる日本人パートナーが
必要だと考えていて、豊田通商タイランド社が複合施設を
管理する計画です。
この複合施設は高齢者だけでなく障害者のための宿泊施設と
サービスも提供します。
サービスアパートメント、診療所、病院などが含まれる予定です。

タイの人口構成は急速に高齢化していて、2016年時点で人口の
約11%(約750万人)が65歳以上、1995年の5%に比べ大きく
伸びています。
2040年までには1700万人のタイ人が65歳以上になると
予測されています。

豊田通商タイランドの株式構成は、Jaovisidhaファミリーが
Toyota Tsusho Thailandに51%の持分を保有していて、
日本の豊田通商Toyota Tsushoが49%残りを所有しています。

売上の約80%は自動車製品取引からのもので、今回の取り組みは
自動車業界に依存しないビジネスモデル構築を進める一手段に
なるとしています。
2017年3月末決算年度において858億バーツの売上高を計上しました。

トヨタ通商タイランドでは7月末に”Toyotsu Japan Festival”を
開催予定で、タイ設立60周年記念を祝います。
120ブースを置きNishikawa mattresses、Sugahara glassware、
10 Mois organic baby products、WA Theatre organic fruits、
Tachikichi ceramicsなどの企業が展示ブースを開きます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。