タイの投資委員会は合計1280億バーツの5プロジェクトを承認

タイの投資委員会Board of Investment(BOI)では
5つのプロジェクト(合計1280億バーツ)を承認しています。
この中にはトヨタモータータイランド社のハイブリッド
電気自動車hybrid electric vehicles(HEVs)も
含まれています。

同社は年産7,000台のHEV組み立て、7万台の電気自動車用
バッテリー製造を行います。
生産工場はチャチューンサオ県ゲートウェイシティ工業
団地内です。
2018年から生産開始し、電気自動車関連で初のBOI認可事業と
なります。

税恩典は5年~8年間、普通車、バス、ピックアップトラック車
など広範囲に及びます。
輸入機械に対する関税免除、法人所得税免税など多くの恩典が
与えられます。

また、BOIではイギリスのトライアンフ・モーターサイクル社の
二輪モーターサイクル12万台生産の認可も承認しています
(33億バーツ)。
500cc以上のエンジン生産をチョンブリ県アマタシティ工業団地で
行います。

同社はイギリスで自転車製造から始まり130年以上の歴史を持つ
バイクメーカーです。
過去には四輪部門と二輪部門がありましたが、四輪部門は世界恐慌
の影響で早々に撤退しBMW社に吸収合併されました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。