タイの初回住宅購入減税プログラム

タイの財務省大臣 Kittiratt Na-Ranong 氏はFirst-home mortgage policy
「タイ人が住宅を初購入するに際して減税するスキーム」の見直しを考える
としています。

タイ政府住宅銀行Government Housing Bank(GHB)では20億バーツを準備し
2011年10月より開始しました。プログラムの終了は2012年12月を予定しています。

不動産マーケットは予想よりも伸びていないため不動産各自業者も見直しを歓迎
しています。
Kittiratt大臣は第26回のHome & Condo Show で講演し100万バーツ以下の
住宅にはゼロ金利キャンペーンを導入し購入当初3年間は金利なしで提供をアイデア
としています。

不動産大手のプルックサーリアルエステイトのCOOであるPrasert Taedullayasatit氏も
不動産マーケットの伸びの鈍化が感じられるため積極的な融資政策が重要との認識を
示しています。
ただし優遇させるのは200万バーツからが望ましいとしています。

タイ住宅ビジネス協会The Housing Business Associationの会長 Issara Boonyoung氏
は150万バーツ~200万バーツであれば大きな恩恵を得る層が増えるとしています。