レッドブルの創業者が死去

栄養飲料のレッドブルRed Bull 創業者Chaleo Yoovidhya氏が死去しています。
バンコク内の病院にて死去しています。タイのエナジードリンクを世界へ広げた
第一人者でした。

フォーブスによれば総資産50億USドルとなり、70カ国でレッドブルブランドを展開。
フォーミュラワンにも参加しており、ブランドを大きく有名にさせました。

タイのピーチット県で貧しい中華系移民として生まれた同氏は小さな製薬会社
TC Pharmaceutical Industries Ltd を1962年に設立しました。
最初の薬は抗生物質を生産し、その後1970年代にクラティーンデーン
(タイ語名レッドブル)を生産。
深夜勤務のトラックドライバーに愛用されるようになりました。

その後オーストラリアのDietrich Mateschitz 氏と知り合い、ヨーロッパへ進出。
Red Bullは1987年からヨーロッパへ広まるようになりました。

2012年の3月時点で50億ドルの資産を持ち、Chaleo氏は世界で205番目の資産家である
と発表されていてタイで3番目の富裕家であるとされています。