飲料水、クリスタルを手掛けるサームスック社はタイ国内シェア21%

2017年6月、飲料水のCrystal waterはタイ国内で21.5%の
市場シェアをとりました。
Crystal waterはタイ上場企業、サームスックSermsuk(SSC)社の
飲料水ブランドです。
2016年のシェアは19%で2位、1位はSingha Drinking Water
21%でした。

同社では飲料水ボトリングから配送まで行い、様々な認証機関から
証明を取得しています。
NSF International認証、Thai Food and Drug Administration
Quality Award(TFDAQ)、ISO 22000 Food Safety Management
認証などがあります。

また、地球温暖化の主な原因である温室効果ガス排出削減の取り組み
として、タイの温室効果ガス管理機構が発行した「カーボンフット
プリント削減」というラベルを掲載しています。
Most Selected Brand 2017に選定され、Brand Footprint Award
を受賞しました。

サームスックSermsuk(SSC)社はタイ証券取引所に上場している
炭酸飲料、ボトリング企業です。
2016年度業績は売上84億1300万バーツ、純利益-8800万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。