バンコク中心部やチャオプラヤー川沿いで複合施設開発ラッシュ

タイでは複合施設開発ラッシュが続いています。
特にバンコク中心部やチャオプラヤー川沿いなどで
高級コンドミニアム、高級オフィス、高級商業施設の
複合開発が進んでいます。

各財閥、各デベロッパーが競うように開発計画を
立ち上げていて、商業施設大手Siam Piwat社とTCC Land社は
それぞれ500億バーツ規模の投資をしています。

2015年~18年の間でおよそ1000億バーツ以上のプロジェクトが
進行中です。
不動産価格が高騰する中、古くから土地を押さえていた財閥
などが中心となって大規模複合施設を発表するケースが
多くなっています。

サイアムピワット社:アイコンサイアム・500億バーツ
マグノリア社:ウィズダム101・300億バーツ
カントリーグループ社:チャオプラヤエステイト・320億バーツ
TCCランド社:アジアティーク(フェーズ2以降)・500億バーツ
Gランド社:スーパータワー・180億バーツ
セントラルパタナー社:セントラルウェストゲート・100億バーツ
シンハーエステイト社:シンハーコンプレックス・100億バーツ
サイアムシント-ン社:ランスアンビレッジ・260億バーツ
サラン・デベロップメント社:セントレジデンス・100億バーツ