シンガポールの政府系投資ファンド、GICは東京ディズニーリゾート近接ホテルへ投資

シンガポールの政府系投資ファンド、GICは東京ディズニーリゾートに
近い千葉県浦安市の「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・
ホテル」を約1000億円で買収すると発表しました。
売り主は投資法人のスポンサーであるフォートレス・インベストメント・
グループの特別目的会社です。

東京ディズニーリゾートに隣接する同ホテルは
安定的キャッシュフローを生み出している実績があり、
日本における成長および需要の継続を確信していると、
GICリアルエステートの最高投資責任者、Lee Kok Sun氏が
コメントしています。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは客室数1016室を
有し、TDRの6つの「オフィシャルホテル」の中でも最大規模と
しています。

GICはテマセク・ホールディングスと並ぶシンガポールの
ソブリン・ウェルス・ファンド(Sovereign Wealth Fund:SWF)の
1つです。
シンガポール政府投資公社GIC Private Limitedとも呼ばれ、
1000億ドル(約11兆2700億円)以上の資産をシンガポールと海外で
運用しています。
同社は1981年の設立以降、世界中の金融拠点9ヶ所へ事務所を構え
40か国以上で株式、債券、不動産などへ幅広く投資しています。

日本への投資は1996年の汐留シティセンター、
2007年に福岡の複合商業施設ホークスタウンを買収、
2008年にはウェスティンホテル東京を買収しています。