タイ国際航空とエアバスが提携し、航空機整備拠点を設立

タイ国際航空Thai Airways International(THAI)は
航空機大手エアバスと提携し、第3空港として拡張が進む
ウタパオ空港U-Tapao International Airportで
航空機メンテナンスを行うMRO拠点を設置するとしています。
投資額は110億バーツで2019年からの稼働を目指します。

MROとはMaintenance Repair and Overhaulの略称で、
整備・補修・オーバーホールのことです。
航空機や備品に必要なMRO事業は航空事業の安全性維持と
密接に関係しているため、国際的な基本的枠組みはICAO
(国際民間航空機関)に厳しく規定されています。

東南アジアでは格安航空会社(LCC)普及、中間層拡大、
競争拡大の影響もあって、MRO拠点を持ちたいエアバスと、
航空機産業を誘致したい
タイ政府側・タイ国際航空側のメリットが一致したとしています。
MROセンター内には教育施設なども設けられ、
複合構造修理センターをはじめとする専門修理工場や、
タイ国内外技術者向けの広範なコースを提供する
メンテナンストレーニングセンターも準備されるとしています。

タイ国際航空Thai Airways International(THAI)は
タイ財務省が出資する国営フラッグキャリアです。
スワンナプーム国際空港をハブ空港とし、南アメリカを除く
全大陸に就航しています。
航空連合スター・アライアンスに発足当初からスターティング・
メンバーとして加盟しており、同アライアンスの代表的メンバーです。
2017年度1月~9月期業績は売上1403億3900万バーツ、
純利益-38億7800万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。