タイ カーボンブラック(TCB)

タイ・カーボンブラック(TCB)などを展開するインド系Aditya Birlaグループ
ではタイランド国内にCSRに関するナレッジセンターを開局すると発表しました。
Corporate Social Responsibility(CSR)は社会的企業責任とも訳され、企業
の社会的な責任などを伝える動きです。

Chairperson Rajashree Birla Aditya Birlaナレッジセンター長は
サラブリ県で記者会見しています。

アディラビルラグループでは40年以上石油化学系のビジネスをタイで展開していて
CSRプロジェクトもすでに導入しています。
コンピュータースキルを学んだり、外国語スキルを高める場所としても利用できる
ようにしていくとしています。

また、多くの分野「教育」「健康」「インフラ」「企業持続性」でも今後
年間5000万USドルを投資してインド、エジプト、フィリピン、タイランドで
ナレッジセンターの事業を広げていくとしています。

TCBの2010年第3四半期までの業績は
売上70億バーツ500万バーツで  純利益では9億9500万バーツで通年では
過去最高益を出す見通しです。

またTCBとAlexandria Carbon Black Co. SAE経由でColumbian Chemicals社
(アメリカのカーボンブラック製造企業)を8億7500万USドルで買収すると発表
しています。