タイの医療サービス

タイの医療サービスは、経営陣と医療スタッフの住み分けが出来ていて、
経営者側はより良い広告やマーケティング、最新鋭の医療設備を整えること、
医師側はより高度な医療サービスを提供することを使命とされています。

タイの場合、医療サービスの供給側である新興国の医療機関へ先進国から
医療サービスを受けに来る需要側の先進国側の患者がマッチした結果、
メディカルツーリズムが増加している原因としています。

タイ側では観光産業政策の一環としてメディカルツーリズムを推進しています。
メディカルツーリズムの振興は、医療サービス産業の発展と同時に観光振興による
外貨獲得が第一義的な目的です。

また医療サービスを受ける 需要側では、新興国の医療が費用対効果の関係で比較優位性
があることが重要であり、重大な医療&治療を自国では治療できない(高額である場合、
難易度が高い場合)はタイへのメディカルツーリズムへの誘因になります。