マレーシア ゲンティン(GENTING)

ゲンティンGenting(GENTING)はリゾートホテルを中心としたコングロマリット
であり、プランテーション、石油、ガス、電力を展開しています。

レジャー部門は、マレーシア、シンガポール、イギリスで営業を行っており、
なかでもGenting Highland Resort(マレーシア)は、グループ中心リゾートで、
マレーシア観光客が最も訪れるカジノ・リゾートです。
こちらの観光客の73%がマレーシア人、6%がシンガポールからの観光客で、
他にも中東、台湾、ベトナム、インドネシアからの観光客となっています。
その他にもマレーシアでは、Awana GentingやAwana Kijalなどのリゾート
を展開しています。

GENTING  ゲンティン   3182 リゾート・ホテル
売上 151億9400万リンギ 純利益 22億0300万リンギ

GENM ゲンティン・マレーシア 4715  カジノ・リゾート
売上 53億3300万リンギ 純利益 12億7600万リンギ

ゲンティン・インターナショナル Genting Internationalはシンガポール上場
のリゾート開発・運営会社であり、Resorts world Sentosa(RWS)(シンガポール)
を運営しています。
RWSは、シンガポールのセントーサ島にあり、4つのホテル、カジノ、商業施設、
ユニバーサルスタジオを運営しています。
また、イギリスにおいても40のカジノリゾートを運営しています。

他にもマレーシア証券取引所(BRUSA)上場企業にはゲンティン・プランテーション
があり、農園経営をしています。

GENP :Genting Plantation ゲンティン・プランテーション
2291  農園大手  売上 7億5500万リンギ 純利益 2億3700万リンギ