インドネシア ガルーダ・フーズ

サントリーグループ子会社のサントリー食品、インドネシアの食品会社
ガルーダフードと、インドネシアにおけるノンアルコール飲料の製造・販売を
行う合弁会社を設立することで合意したと発表しました。

インドネシアの食品産業では、インドフーズ・スクセス(INDF)などが最大手で
食品・即席めん製造でインドネシア最大の消費財メーカーです。
売上 37兆1400億ルピア(3714億円規模)
純利益 2兆0750億ルピア(207億円規模)となっています。
子会社ICBPインドフードCBPスクセス(ICBP)も2010年10月に上場しています。

サントリー食品インターナショナルは合弁会社に51%を出資します。
またガルーダは飲料事業を合弁会社に移管して、ガルーダの飲料・食品製品の独占
販売権を持つPT Sinar Niaga Sejahtera社の34%の株式を取得します。
ガルーダはインドネシアの飲料食品大手で、年間売上高は422億円となっています。