タイ シンガポール フレーザー&ニーブ・グループ(F&N)

シンガポール拠点の食品・飲料大手、フレーザー&ニーブ・グループ(F&N)では
乳製品類の生産を引上げ、タイをアセアン生産基地とし5年内に売上を2倍へ
引き上げるとしています。

タイ法人F&Nデイリーでは2011年度売上100億バーツと見ていて輸出は24%、
残りはタイで消費されます。
タイ製品に関する信頼度が高いこと、製品品質度も高いことから、缶入り牛乳、
パック牛乳などの需要は今後も高まると予測しています。

またタイではハラル食品関連の輸出売上が50億ドルクラスまで伸びると
しています。
2009年~2010年のハラル食品輸出は年平均46億ドルとなっていて、世界6位の
ハラル輸出国となっています。

主な輸出国先はインドネシア、マレーシア、ナイジェリア、サウジアラビア、
オマーンの5カ国になっています。