タイ ユニオンフローズン(TUF)

ツナ缶世界一位のタイユニオンフローズンThai Union Frozen (TUF)では
2010年度に買収したMWBrands 社の売り上げ貢献により、第2四半期は+42%の
純利益増だったとしています。

2011年上半期の
売上    475億バーツで前年同期比+42%増加、
純利益では 19億9033万バーツでした。

社長のThiraphong Chansiri氏は第2四半期だけの業績では売上で248億バーツで
+45%増、純利益では12億3700万バーツであったとし42%増であったとしています。
コスト管理も徹底しておこない、結果として利益も膨らんだと見ています。

ツナ・エビ価格はじわじわと上昇しており、価格が上下することがあるものの、
ビジネス環境に挑戦した結果利益が確保できたとしています。

2011年度はおよそ30億ドル(1000億バーツ)を目指すとしていてヨーロッパの
金融危機問題には弊社のビジネスには影響しないものと見ているとコメント。
2015年までに40億USドル(1300億バーツ)の突破を目指すと強気の構えを
見せています。