タイ IRPC

タイの石油精製、石油化学大手のIRPC(IRPC)の上級副社長
Chansin Treenuchagron氏はタイの環境調査アセスメントの表彰、
EIA Monitoring Awards 2011を受けています。
IRPCのラヨーン県にある湾岸整備における環境調査アセスに関して
評価が高かったとしています。

EIAモニタリングアワードはOffice of Natural Resources and
Environmental Policy タイ国家天然資源環境委員会より選定されています。

IRPC社では2012年上半期売上1509億7000万バーツ。
純利益ではマイナスで-31億1900万バーツになっています。
また、新経営陣にPhiraphol Tritasavit氏を任命しています。

IRPCは、天然ガス・石油関連を主なビジネスとするタイ最大の上場企業である
PTT Public(タイ国営石油)グループの中核会社の一社でラヨーン県の
コンプレックスで輸送燃料や石油化学製品などを製造しています。

2012年5月にタイの子会社 UBE Chemicals(Asia)UCHAと、タイIRPC Public
は宇部興産が所有するUCHA 株式の一部を IRPCに譲渡する契約を締結しています。
宇部興産のタイ子会社における IRPC との資本提携の一環でこの後IRPCは2012年
7月初旬を目途に約53億バーツを出資しUCHA 株式の第三者割当増資引受と宇部興産から
のUCHA 株式を一部購入します。