タイ アジアンプロパティ(AP)

またスワンナプーム国際空港へ向けた鉄道の開通もおこなわれています。
バンコクの中心部マッカサン駅~スワンナプーム国際空港までのルートが開通。
無料運転が開始しています。

この開通に合わせて100億バーツ規模の不動産プロジェクトがマッカサン周辺、エアポートリンク周辺で
2年ほど前から開発済みで、
アジアンプロパティ(AP)    ジ・アドレス・アソーク 総工費33億バーツ
TCCキャピタランド(未上場) ヴィラ・アソーク     総工費30億バーツ 
アナンダプロパティ(未上場) IDEOバーブラチャプラロップ 総工費150億バーツ
などが開発中です。

東南アジア各国に比較するとまだ割安感のある不動産市場ですが、
今後インフラが伸びるにしたがって、過熱していくかもしれません。