タイの自賠責保険と保険料金

またタイで一番気をつけなければならない
自動車事故に遭った場合、自身が保険に加入していなければ、
受け取れる保険金は相手の自賠責からだけになってしまう。
タイの自賠責保険は相手に対し、ケガで最高8万5000バーツ、死亡で15万バーツというのが通常だ。(過去は最大10万バーツだった。)

ワークパーミット:労働許可証を取得した正規就労であれば、
タイの社会保険への加入が義務付けられているため利用できるものの、ほとんどは
一般のタイ人が通う国立病院などの指定病院の1カ所のみになってしまう。
一般的に2005年くらいまで、
駐在員は、「日本で海外旅行傷害保険に加入して東南アジアへ行く」のが普通だったのだが
保険の加入、規則の厳格化で加入する際の保険料も高くなっていった。

仮にタイに長くいる場合は、現地の日本語が話せる代理店、もしくは本社まで直接行き、資料を検討するのが一般的になります。