日系企業のタイ進出で

タイのパナソニックグループでは2010年の決算までに前年比+30%の売り上げを
達成する目標を出しています。
ここ近年の強い景気の回復と家電関連の需要が伸びていて達成可能と見ています。

タイの首都バンコクでは5月に騒乱が発生したものの、最小限の低迷で終わり、
家電、電気機器、PC関連で大きく伸びたとしています。
2010年の決算期は第1四半期(4月~6月)、第2四半期(7月~9月)でしたが、
前年比+12%増加でした。
特にエアコン関連、TV関連が大きく伸びたと、パナソニック・タイのCEO
Hirotaka Murakami氏がコメントしています。

パナソニックタイは集中的にタイ国内で工場を設置し、国外へ輸出しています。
子会社20社を展開していて、自動車部品、TV、家電関連の各種をすべてタイ国内で
生産し、日本やヨーロッパ、アメリカ、インドなどへ輸出しています。