タイのオソサファOsotspa(未上場)

栄養ドリンク&医薬品大手オソサファOsotspa(未上場)では2億バーツを投資して
子会社のOsotspa International Co (OSI)のグローバル事業を拡大します。

広告へのキャンペーンを展開し、食品関連のPRを進めていくとしています。
代表のSoonthorn Kengvibul氏はテストマーケティングをしながら、35品目の食品
を様々な場所(場所はアメリカ、シンガポール、香港、オマーン、ドバイなどを中心
にして)でトライアルするとしています。

ビジネスの多角化の一環であり、2014年までに海外売り上げを40~50億バーツまで
引き上げるとしています。
これらはタイフーズ、タイの食料品へのニーズがどれほどあるかを計測し、2009年以降
ダウントレンドとなった世界景気に先駆けて、2011年以降の展開を広げるにあたって
実施する予定です。

上記の国々では中間層が増加していて食生活への多様かも進んでいるとしています。
またタイフードへの興味も高まっていることから、まずはテストマーケティングを
おこなうとしています。
先駆けてタイの栄養飲料「M-150」と「Sharkシャーク」を投入しています。

また「タイリシャス」ブランドも展開し、海外では10カ国。
中東、日本、中国でも展開していくとしています。