タイコンドミニアム協会

タイコンドミニアム協会では低価格~中価格アパート70万戸数が供給過多になる
可能性を指摘しています。
賃貸アパートの数は飽和状態になりつつあり、1997年にはおよそ30万戸であった
バンコク都内のアパート戸数は建設ラッシュが続き、2010年度はおよそ
60~70万戸まで伸びているとしています。

また、スカイトレインやBRTシステムの計画&完成により延伸される地区の不動産で
コンドミニアム開発が活発化。

他人へ貸すための賃貸目的で投資する層は全体の20%まで達しています。
同じくこれまで賃貸でバンコクへ住む中間層が購入へシフトした数字も
増えています。
すでに立地条件の悪い地区のアパートの空室率は増加しているとしています。