タイ ラチャブリ・エレクトリシティ(RATCH)

タイの独立発電事業者1位の ラチャブリ・エレクトリシティ(RATCH)
では100億バーツを投資して、タイ国内と海外へ投資すると発表しています。
CEOのNoppol Milinthangoon氏はタイ国内では新規発電所建設入札へ
参加すること、同時にリサイクルエネルギーへの対応も進めるとしています。

海外向けではラオスで小規模・中規模の水力発電事業を進めていて
リサイクルエネルギーとしてオーストラリアで事業機会を調査しています。
カンボジアでも小規模発電所の建設を計画しています。
80億バーツ分は上記の可能性の高い事業への投資・買収を進めます。

20億バーツ分は既存で進んでいるHongsa Lignite(ラオス)、Xe Pian Xe NamNoy
(ラオス)の水力発電へ投資します。

2012年度の業績では売上で600億1100万バーツ(前年比+31%増)
純利益では77億2600万バーツ(前年比+59%増)となっています。
オーストラリアでのRatch Australia Co.,Ltd社の高い利益
同じく、オーストラリアでのLoy Yang-A Projectの売却益が背景にあります。