タイ サハ・パタナビブン(SPC)

消費財大手サハ・パタナピブン・グループのブンヤシット会長は、ミャンマーに
販売会社2社を設立する計画を発表しました。
サハ・パタナビン(SPC)は消費財販社を、子会社ICCインターナショナル(ICC)
が衣料・化粧品の運営を管理する計画です。
ミャンマーの代理店を通さずに自社販売拠点開設で、ミャンマー国内での事業を
強化する計画をコメントしています。

またサハ・グループではミャンマー国内に自前の工業団地を開発する計画も発表
しています。

サハ・パタビブン(SPC)の2011年度の売上では248億1800万バーツで純利益では
9億3000万バーツでした。
直近5年間で順調に株価を上げてきています。

ICCインターナショナルの業績は
売上で134億1600万バーツで 純利益で7億4400万バーツでした。

サハ・パタナビブンでは2012年の売上高は、昨年比+15%でおよそ300億バーツに
達するとしています。