1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ証券取引所

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ証券取引所

天然ゴム生産各社の株価は好調になっています。
ゴム製品のスリトランアグロインダストリー(STA)は+1.2%高となっていて、
背景には1株に対し5株の割合での株式分割を行なうと発表しています。

また、タイの中央銀行総裁の次期総裁が決定し、
タイ政府、華僑系金融機関でカシコーン銀行(KBANK)のプラサーン氏を承認しています。
任期は2010年10月~2015年10月まで。

カシコーン銀行頭取だったプラサーン氏はタイ国立チュラロンコーン大
工学部卒業。
タイ中央銀行やタイ証券取引所監視委員会事務局長などを経て2004年から
カシコーン銀行頭取となりました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事