マレーシア 自動車販売予測

調査会社のフロスト&サリバン(F&S)では、2014年度マレーシア自動車販売
台数予測で前年比+4.2%増、675,000台となるという予測を発表しています。
2014年1月には新国家自動車政策:NAPが実施予定でマレーシアを低燃費自動車
(EEV)の生産拠点、自動車産業の競争力強化に焦点を置き、マレーシア国内
組立のハイブリッド車や電気自動車への税制優遇措置、自動車価格の引き下げ、
廃車政策などを実施する予定です。
マレーシア自動車協会(MAA)では通年目標は64万台で、2013年12月に4万4,700台
販売できれば達成する予定になっています。