タイ アソーク地区~ラチャダピセーク地区の地域が注目される

旅行関連施設や商業施設の新設によりアソーク地区~ラチャダピセーク地区の
地域が大きく注目されているとKnight Frank Chartered (Thailand)では
分析しています。
同エリアでは36のホテル6854室が3つ星ホテルで2007年比較して+637室増加
しました。
2004年に地下鉄開業以降、同地区は注目されてきており、高層住宅施設などが
次々と誕生しています。

同地区での3つ星平均宿泊料金Average daily rate(ADR)
Bt1,500-Bt1,999(42%)が1位、Bt2,000-Bt2,499(29%)が2位となっています。
主にアジアからの旅行者、続いてロシア人が増えていて平均3日~4日を利用期間と
しています。

大型金融機関複合施設と成る予定のAIAキャピタルセンターは35階建ての
オフィスタワーで、タイ証券取引所が新しく入居予定です。
またペッブリー駅ではエアポートリンクマッカサン駅と直結し、こちらの再開発
も予定されています。