タイの経済

タイ政府が8月23日に発表した
タイ国内総生産(GDP)は前年同期比+9.1%増となっています。
これは3四半期連続のプラス成長を達成しました。
観光業、航空業界などでは大きなダメージを受けたものの、それを自動車業界、電機業界が
上回る成長を示しました。
記者会見で「反政府デモの影響がなければ(1~3月期と同様に)前年同期比12%成長が見込めていた」と述べました。

タイ政府は2010年通年の成長率見通しを、
これまでの3.5~4.5%から上方修正。+7.0~7.5%とほぼ倍増にしています。

日本のニュースでは二通りの報道があり
産経ニュース  「タイGDP、4~6月期9%成長」
日経新聞   「タイ経済、デモで一時減速 4~6月、年率1%成長どまり」

タイトルが違うだけで印象がまったく違う典型的な例になっています。