タイ サミティベート病院(SVH)国際小児科特別病院を開設

タイの高級病院グループの最大規模バンコク病院(BGH)傘下である
Samitivejサミティベート病院(SVH)では2013年度の業績が売上で
88億7500万バーツ、純利益では10億400万バーツでした。

また国際小児科特別病院を開設しました。
1日で1,000名の外来患者と100名の入院患者を受け入れ可能になるとしています。
この開設で10億バーツの売上増になるとしています。
CEOのDr Chairat Panthuraamphorn氏はこの事業はアセアンのメディカルハブ
の1つになるとしています。

このサミティベート国際小児科病院はスクンビット病院、シーナカリン病院の
専門医を集めるとしています。
また戦略的なパートナーとして日本、中東との病院と提携し患者の治療や
マーケティングでは全体的な発展を進めていくとしています。
同病院はSukhumvit ソイ49の場所に1979年設立され、スクンビット、シーナカリン、
シラチャー、トンブリーの4病院で展開しています。