タイのバムルンラード病院(BH)海外向け医療サービスをさらに拡大

タイのバムルンラード病院Bumrungrad International Hospital(BH)では、
海外の優秀な医師を採用することで海外向け医療サービスをさらに拡大すると
発表しました。
タイ国内でのブランド強化以外にも海外への告知やマーケティングを進めると
しています。
同病院は1997年から海外からの患者、外国人向けに診療サービスを開始。
日本、アメリカ、中東、近隣諸国からも多数の患者を受け入れています。

タイのバムルンラード病院Bumrungrad International Hospital(BH)では、
海外の優秀な医師を採用することで海外向け医療サービスをさらに拡大すると
発表しました。
タイ国内でのブランド強化以外にも海外への告知やマーケティングを進めると
しています。

同病院は1997年から海外からの患者、外国人向けに診療サービスを開始。
日本、アメリカ、中東、近隣諸国からも多数の患者を受け入れています。
また、特に近年海外から受け入れ患者で最大のマーケットはミャンマーであり、
総売上の7%を占めています。

海外富裕層は医療のクオリティサービスのみならず、提供機会や距離なども
検討するとしています。
アセアン域内では他の大きな都市向けに展開していくとしています。
同社の2014年度の上半期の業績は売上で75億3300万バーツで
純利益では12億7400万バーツとなっています。