インドネシア上場企業のカワサン・インダストリ・ジャバベカがクルーズ事業

インドネシアの湾岸を管理するPelindoIIはインドネシアの上場企業
カワサン・インダストリ・ジャバベカPT Kawasan Industri Jababeka
(KIJA)とクルーズ運航に関する契約、バンテン地区におけるリゾートに関する
契約を交わしています。

インドネシアの湾岸を管理するPelindoIIはインドネシアの上場企業
カワサン・インダストリ・ジャバベカPT Kawasan Industri Jababeka
(KIJA)とクルーズ運航に関する契約、バンテン地区におけるリゾートに関する
契約を交わしています。

ジャバベカ社は不動産開発、工業団地開発、旅行運営、ゴルフコース運営などを
行う企業で、2013年度の通年の業績は売上で2兆7395億ルピア、
純利益で1,008億ルピアでした。

旅行・リゾート運営ノウハウのある同社と組むことで潜在的な活用を進めると
Pelindo II代表のRJ Lino氏がコメントしています。
ジャカルタにはまだ十分なクルーズ船舶の運営・施設が乏しく、海外からの旅行客の
選択肢が少ないとしています。
設備施設拡充のため5,000万ドルを投資してクルーズのターミナル建設に着手します。
2017年完成予定です。

完成後のターミナルには50ヘクタールの敷地面積、300のプライベートヨットのデッキ
不動産の販売も行い、ヴィラ購入オーナー向けのサービスも拡充します。
近年インドネシアでもクルーズ向け観光旅行者も増加傾向で、そのニーズに応えるため
としています。