2014年度のタイの自動車販売台数は前年比-33%減

タイ王国での2014年の年間自動車販売台数は前年比で-33%減で、大きくマイナス
になるとしています。
2014年前半はクーデターなどの政情不安が販売に大きく影響したとしています。
また、後半もその勢いが回復しませんでした。
トヨタモータータイランドの発表ではタイ国内の自動車販売台数は、88万1832台と
前年比-33.7%減でした。

タイ工業省が発表が生産台数は188万と7台で、前年比-23.5%と下落しています。
輸出台数はほぼ変わらずで112万8102台となっています。

タイ工業省では2015年度の見通しに関しては14年度より増加する見通しが大半に
なっていて、輸出拡大や景気回復によるタイ国内需要増などが影響して同国の
自動車生産台数が220万台に回復するとの予想を出しています。