1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ国営石油では液化石油ガスの補助金を直轄管理する計画

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ国営石油では液化石油ガスの補助金を直轄管理する計画

タイ国営石油(PTT)では液化石油ガスliquefied petroleum gas(LPG)の
補助金・助成金を国家石油基金からPTT本社へ吸収する計画を出しています。
結果、LPG事業を直轄管理し消費者へダイレクトにLPGを提供出来るように
するとしています。
PTT社ではおよそ5億バーツを年間支払う予測です。
LPGの補助金制度は低所得者向けに2年前から開始され、40万の世帯や店舗で
利用されています。

タイ国営石油(PTT)では液化石油ガスliquefied petroleum gas(LPG)の補助金・
助成金を国家石油基金からPTT本社へ吸収する計画を出しています。
結果、LPG事業を直轄管理し消費者へダイレクトにLPGを提供出来るようにすると
しています。
PTT社ではおよそ5億バーツを年間支払う予測です。

LPGの補助金制度は低所得者向けに2年前から開始され、40万の世帯や店舗で
利用されています。
その多くは露天商になっています。
LPG価格は1キロ18.13バーツ、24.16バーツの変動費より下回る33%となっています。
LPGの市場価格は2014年12月時点で1トンあたりUS$488ドルになっています。

証券会社大手メイバンク・キムエン証券(MBKET)ではLPG価格の変動、移転はPTT社
のLPG部門での純利益を押し上げると予測。
2014年度72億バーツから、2015年度は78億バーツを予測しています。

PTTの2014年度の業績は2014年度1月~9月期で売上 2兆2253億バーツ
純利益では824億4300万バーツでした。
メイバンク・キムエン証券(MBKET)の業績は2014年度1月~9月期で
売上29億9000万バーツ、純利益では7億2900万バーツでした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事