1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. CBREが分析した2015年度のコンドミニアム市場

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

CBREが分析した2015年度のコンドミニアム市場

2015年度のコンドミニアム市場では挑戦になる年であり、
すべてのカテゴリーで厳しいとCBREでは分析しています。
一部高級、超高級の住宅プロジェクトでは成功していると
しています。

15年度第1四半期ではCBREのレポートでは、幾つかの高級ブランド
コンドミニアムであるParc Priva, Nimit Langsuan,
The Diplomat 39, Four Seasons Private Residencesなど
トップエンドの市場であるとしています。

タイ国不動産市場はASEAN経済共同体(AEC)のハブになっていて、
他の都市と比べてまだ割安感があるとしています。
特に外国人購入者比率は14年度第2四半期18%と比較して、
15年度第1四半期では22%と海外からの購入者が増えています。

投資目的、居住目的双方があり、バンコク中心部における
不動産市場は引き続き伸び続けていると分析しています。
14年度の超高級物件の販売価格比較では20%増になっています。

リセール価格は中心部では、過去2年までの物件であれば
7~12%の増加になっていて、1990年代に建設された古い物件では
3~5%増で低い割合で伸び続けています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事