タイの自動車産業の方向性

タイ自動車部門の第3次マスタープランが発表され、長期の発展として世界の
自動車産業のハブとして2012年度は230万台の生産台数、2050年目標は
560万台の生産台数を発表するとしています。

タイの自動車業界研究所The Thailand Automotive Instituteでは5カ年計画を
作成、2012年~2016年の期間で年率+10%成長を目指すとしています。

また世界の自動車生産台数でベスト10のランクに入ることを目指し、
現地調達率も全体で 40%から50%まで引き上げる予定です。

中長期の計画としては2020年度までに 330万台を目指します。
2030年度まで450万台、2040年度までに500万台、2050年度までに560万台 の達成
を目標とするとしています。

Thailand Automotive Institute,の所長であるPatima Jeerapaet氏は
鍵となる、テクノロジー分野、リサーチ分野や、熟練工の育成、高度人材育成問題など
とともに、自動車試験走行の研究所など成立を目指すとしています。